戦略

アルファ

CFMは、システマティックな運用戦略に特化したヘッジファンド運用会社として創設されました。それらの戦略は、今日では、絶対収益型戦略もしくはアルファ戦略と称されています。

CFMの代表的な2つの投資プログラムは、1991年と2003年に運用が開始されました。数々の賞を受賞し、マーケット指標よりもボラティリティの低いリスク特性を持つことで、変化する市況において一貫したリターンを達成することを目指しています。CFMのアルファ戦略は、一般的な市場との相関を低水準におさえることを目指しております。

このようなプログラムはCFMのチーム力のたまものであり、許容可能なリスクとマーケット指標との無相関を組み合わせるには、深い専門性と多大な投資、研究開発力が必要であることを反映しています。そのため、プログラムの戦略はアルファ特性やパフォーマンスを維持するため、常に改善を続けています。

戦略の多くは、市場の中期的(数日~数ヶ月)な非効率性の活用を基にしているため、ポートフォリオのターンオーバーは比較的高くなっています。

オルタナティブ・ベータ戦略

CFMの25年以上にわたる定量的リサーチ開発への投資の結果、絶対収益運用プログラムを創出してきました。アルファ戦略は定義上、キャパシティに制限され複雑で高いフィーを伴うことから、一部少数派の投資家にしか魅力的ではありませんでした。より簡潔な戦略を魅力的なフィー・ストラクチャーで求める主流の投資家は増えています。この点と絶対収益プログラムの制約を考慮し、2012年から異なるタイプのプログラムを開発してきました。それはCFMの既存の専門性と投資資本を活用して幅広い投資家に働きかけるものです。それらの運用プログラムは、CFMの定量的なアプローチを特質として継承しつつ、複雑性を抑え、ベンチマークに対するある程度までの相関性、適切なフィー水準を提供するものとしてそれぞれ2013年と2014年に運用開始

オルタナティブ・ベータの定義:「オルタナティブ戦略」は昔からヘッジファンドと関連付けられてきました。そのような戦略で取引される商品は多くの場合、「伝統的な」株式や債券ではなく、リターンの特性は、株式や債券のベンチマークと無相関なためです。このような戦略はより主流の投資家も用いるようになりましたが、投資手法は今でも「オルタナティブ」として知られています。そのため、オルタナティブ・ベータのリターンはS&P 500などの伝統的な株式や債券のベンチマークではなく、今ではよく知られているオルタナティブのベンチマークと相関関係にある投資手法を用います。オルタナティブ・ベンチマークの定義は、株式や債券の指標のように明らかでも容易にアクセス可能なものでもなく、標準的なオルタナティブ戦略の標準的な運用実践手法だと想定されています。

オルタナティブ・ベータ戦略の厳密な定義は難解ですが、複数の重要なテーマが浮上しています。

   ►

  長期的(多くの場合、数十年や数百年間)に持続する戦略。システムが過剰適合しておらず、市場構造にしっかり定着しているとの強い確信を得るため、統計的有意性の水準を十分高める必要がある。

   ►

  比較的遅めの運用シグナルで運営され、一般的に時間とともに裁定機会が減り絶対収益戦略として活用される、短期的な非効率性とは相対するものです。さらに重要なことは、遅めの運用シグナルの戦略はより大きなキャパシティに対する規模感を有する傾向があることです。

   ►

  しっかりと説明でき、十分に理解され、また妥当性がある戦略

   ►

  オルタナティブ・ベータ戦略は一般的に2つのタイプ、すなわちリスク・プレミアと呼ばれるリスクに対する報酬と、しばしば行動学的な要因から生じる市場アノマリーに区分けされます。要するに分散型オルタナティブ・ベータ戦略は、簡潔で十分に正当化された戦略で組み合わされ、規模感のあるキャパシティを伴い持続性のある超過リターンの実現を追求する一方で伝統的な株や債券ベンチマークとの相関性が低い特徴を示します。

 


CFMプロダクト紹介 ファイナンシャル・スタンダードより

CFMの運用

オルタナティブ・ベータ戦略を運用する際に、オルタナティブ・ベータとアルファプログラムのシナジーにより、軽視すべきものではない、非常に差別化されたアプローチが生まれます。この差別化は以下の様に示されます。

  • ポートフォリオ構築

    ポートフォリオ構築はリターン創出や取引執行とあわせて、健全な投資プログラムを構築する上で、重要な役割を果たします。大量のデータとCFMが長年蓄積し開発してきた統計手法が必要です。

     

  • 社内ITインフラを基盤としたシステマティックなリスク管理

    CFMが20年以上にわたり1億ユーロ以上の費用をかけて構築したIT・データインフラは、ほぼリアルタイムのリスク評価ができるよう特別に作られています。オルタナティブ・ベータ戦略での取引パターンは速いシグナルではありませんが、ポジションや市況の指標に関する定期的なアップデートは、信頼できるリスク管理インフラを構築する上で重要です。

     

  • オペレーションリスクの強固な管理

    オペレーションリスクの監視と管理は、あらゆるレベルの運用プロセスにおいて重要です。オペレーションリスク監視ツールは取引システムに組み込まれており、フロントオフィス・チームが管理していますが、CFMでは専門の独立したリスク・チームが役員に直接報告をしています。リスク・チームは、財務リスクの見通しを第三者的な立場から検証し、オペレーションリスク制限を課す責任を持っています。

     

  • 大規模に構築されたデータ処理

    CFMのデータ・チームは日々、何テラバイトもの受信データを収集、クリーニング、処理加工、管理する責任を担っています。CFMのデータ群は、価格関連情報(例、価格や予想変動率)からファンダメンタルズ(例、企業の財務諸表)、個別の市場特有の非効率性を利用するトレーディングのアイデアのための非財務情報にまでおよびます。オルタナティブ・ベータ戦略の低いターンオーバーを考えると、統計的有意性を見出すにはできるだけ長いバックテストを利用します。先物や株式の時系列データは、少なくとも1960年代や70年代にまでさかのぼり、可能であれば、特定のデータ(例、多くの指標やコモディティ、債券、各種金利の月次データ)においては1800年にまでさかのぼります。CFMでは現在、約100万個の商品をモニタリングしています。

     

  • コスト削減の重要性

    あらゆる戦略の実行において、取引コストの低減は重要です。専任のエグゼキューション・リサーチ・チームがCFMのインフラを管理し、コストのモデル化、計測、削減を目指しています。CFMは取引執行の幅広いデータベースを有しており、これらのデータは市販されておらず、価格インパクトの動向に関する貴重な情報を提供します。エグゼキューション・チームはこの分野、特にマーケット・インパクトについて多くの論文を発表しています。

アプローチ

金融市場は絶えず進化し、市場はある一定の予測可能性があり、データによりそれがますます明確になっているとCFMは考えています。これが、オルタナティブの投資戦略を形成する強い環境を生み出し、伝統的な投資市場の指標との相関性の低いリスク調整後リターンをもたらします。

CFMの考え:

   ►

  大半のアルファ取引モデルは時間とともにパフォーマンスが悪化する

   ►

  継続的な研究開発によってしか、持続的な価値は生み出せない

   ►

  リスク管理は最重要である

   ►

  分散は機能する

  • テクノロジー

    CFMの社員の半数以上はデータ・サイエンティストであり、1991年の創業以来、高度なITシステムに1億ユーロ以上を投資してきました。この最先端のプラットフォームで強力な処理能力を得て、リサーチ・チームは必要なデータの収集と分類が可能になります。現在は1500台以上のサーバーで毎日3テラバイト以上の情報を収集し、提示できます。これは、標準的な学術研究図書館のデータ処理量に相当します。

     

    データ・チームは日々、何テラバイトもの受信データを収集、クリーニング、管理しています。CFMはシステマティックなトレーディングのアイデアに対するインプットとして、新しい形式のデータを適切に処理します。また、ポジションやパフォーマンスにバックテストとの整合性を持たせ、運用プロセス全体をエンド・ツー・エンドで再現するため、データを収集します。可能な限り広範なデータ群が必要な一方で、データは信頼でき、リサーチ・チームにとって扱いやすいものでなければなりません。

     

    システマティックな取引には、発注、照合、あるいはリスク・モニタリングであっても、高度なテクノロジーが必要とされます。CFMは20社のカウンターパーティ(取引所、執行ブローカー、電子プラットフォーム、銀行等)とリアルタイムで接続されています。また、オペレーションをモニタリングし、潜在的な問題を防ぐ統制システムを開発しています。

  • リサーチ

    研究はCFMのDNAであり、1991年創業時に確立した基本原則は今でも変わっていません。金融商品の統計的特性に基づきモデルを作り、そのモデルを用いてシステマティックな取引戦略を立案します。

    CFMは優れた学術実績を持つ一流の研究者らを集めてチームを結成しています。研究者の大半は、世界有数の学術機関で物理学などハードサイエンスの博士号を取得しています。また、ほとんどの研究者が学問の世界からそのままCFMに入社するよう、研究者チームを入念に選んでいます。これは、他社と特に異なる点です。このため、CFMの研究に対して冷静で先入観のない独自のアプローチをとることができ、究極的にはプログラム全体の戦略に反映されています。これはとりわけ、プログラムのアルファ特性を維持するのに必要な継続的イノベーションやR&Dを生み出すために、研究者個人の経歴が重要となる、CFMで引き継がれているアルファプログラムにおいて重要です。

  • リスク

    取引戦略は導入前にすべて厳しくテストし、パイロット試験を行います。専門チームが取引ポートフォリオのリスクをモニタリングし、リスク水準と実績を測定します。このプロセスは、CFM内で開発したモニタリングソフトウェアに基づいています。市場の乱高下、あるいは前例のない出来事が起こっている時には、取締役会はアルゴリズムに優先し、ポートフォリオのリスクを軽減する権限を持ちます。CFMはその他のリスクも管理するほか、20年以上にわたり、CFMおよびその顧客を支援するITや人事、法務、コンプライアンスなどの機能を構築してきました。